東京オリンピック後は、ギリホリで彼女とオーストラリアのワーホリに行く予定です。

ニュージーランドラウンド(周遊)に掛かった費用 2ヵ月間

2020/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、なおです。

本日は、ニュージーランドラウンドをして使った費用を公開します。

※1ドル=70円で計算しています(2019年11月参考)

 

僕は、彼女と一緒に2019年10月10日から12月16日までの約2ヵ月間かけてニュージーランドをラウンドしました。

出発地は、南島のMethven(メスベン)からです。

南島には、11月29日まで滞在しました。

北島にはフェリーを使って移動しました。

 

車関係

車両

僕たちが、ラウンドに使用した車両はTOYOTAのアイシス(ISIS)2004年製です。

NZdaisukiの掲示板を使い、売買を行いました。

購入価格は、3,000ドル(21万円)

売却価格は、3,000ドル(21万円)

 

そうなんです。

購入価格と売却価格が同額なので、0円で車両を手に入れたことになります。

 

ガソリン

車の平均の燃費は、約12.5ℓでした。

ラウンドの全走行距離は、1万129kmでした。

ガソリン代は、20回入れて約1,550ドル(10万8千円)でした。

僕は、よくNPDでガソリンを入れていました。

(僕調べで一番安い)

 

駐車場代

ニュージーランドの駐車場は、基本無料の所が多いです。

しかし、都心(オークランド、ウエリントン等)や観光施設の1部に有料駐車場があります。

駐車場代は、62.5ドル(4,375円)

※ニュージーランドは、違法駐車には凄く厳しいのでしっかり駐車場のルールを確認することが大事です。

 

その他

ラウンドの途中には、オイルとオイルフィルターを交換しました。

合計金額は、190ドル(13,250円)

オイル交換したおかげで、燃費が向上しました。(1キロほど)

また、タイヤを4本交換しました。

合計金額は、420ドル(29,400円)

 

車両保険も加入しました。

36.28ドル×3ヵ月=109ドル(7,618円)

 

合計金額

車両関係で掛かった合計金額は、2,332ドル(163,240円)でした。

1人当たりの金額は、1,166ドル(81,620円)でした。

 

 

宿泊費

僕たちの宿泊のスタイルは、1割テント泊、2割車中泊、7割ゲストハウスで過ごしました。

テント泊や車中泊の金額は、場所によって変わりますが1泊無料~20ドル(1,400円)でした。

ゲストハウスは、主にドミトリーを使っていたので2人で1泊30ドル(2,100円)以下でした。

気になる合計金額は、2,489ドル(174,200円)でした。

1人当たりの金額は、1,244ドル(87,100円)でした。

 

1ヵ月の宿泊費は、約4万円です!!

けっこう安く抑えられたかなと思っています。

 

食費

食のスタイル

僕たちの食のスタイルは、1日2食とお菓子で過ごしていました。

5割自炊、5割外食で過ごしていました。

自炊は、野菜炒めを中心に肉料理・麺類・サンドイッチ等を食べていました。

外食は、カフェやハンバーガー屋さんに行くことが多かったです。

 

お酒

彼女は、お酒は呑まないですけど僕はお酒が好きなのでよく買っていました。

特に、クラフトビールを多く買っていました。

漢字表記のNZクラフトビールや日本酒

TAKAKAにあるBar

 

お酒に使った合計金額は、478ドル(33,460円)でした。

合計金額

以下は、2人での合計金額になります。

自炊、800ドル(56,000円)

外食、1,194ドル(83,580円)

合計金額は、1,994ドル(139,580円)

 

1人当たりの金額は、997ドル(69,790円)

1ヵ月当たりの金額は、498.5ドル(34,895円)

になります。

 

※別途、僕の酒代がプラスされます。478ドル(33,460円)

 

フェリー

金額

僕たちは、2回フェリーに乗っています。

1回目は、南島のInvercargill(インバカーギル)⇒Stewart Island(スチュアート島)の往復です。

合計金額は、174ドル(12,180円)

1人当たりの金額は、87ドル(6,090円)

 

2回目は、南島のPicton(ピクトン)⇒Wellington(ウエリントン)の片道です。

この値段は、車両代込み+グレードアップして個室価格になります。

合計金額は、200ドル(14,000円)

1人当たりの金額は、100ドル(7,000円)

※時期によって金額変更有

 

合計金額は、374ドル(26,180円)

1人当たりの金額は、187ドル(13,090円)

 

観光やアクティビティー

観光施設

ダニーデンのラーナック城 34ドル(2,380円)

ダニーデンのスポーツ博物館 12ドル(840円)

ダニーデンのスパイツビール工場見学 60ドル(4,200円)

 

アクティビティー

タウポでフットゴルフ 24ドル(1,680円)

ロトルアでOGO 50ドル(3,500円)

トンガリロのシャトルバス 55ドル(3,850円)

 

合計金額

6つの施設の合計金額は、235ドル(16,450円)

一人当たりの金額は、118ドル(8,230円)

ニュージーランドは、意外とお金を使わなくても遊べる施設(自然や無料の博物館等)が多いと思います。

 

 

その他

キャンプ用品

車を購入したときに、歴代のオーナーさんが置いていったキャンプ用品がありました。

しかし、足りないものをセカンドショップで追加購入しました。

合計金額は、 103ドル(7,196円)

1人当たりの金額は、51ドル(3,598円)

レッドクロスやファミリーストアー等を使うことが多かったです。

 

洗濯

週1回を目安に洗濯をしていました。

コインランドリーで1回3~5ドルでした。

乾燥機を使うと上記の2倍になります。

なので、出来るだけ洗濯竿を使うようにして乾燥機を使わないようにしていました。

合計金額は、35ドル(2,450円)

1人当たりの金額は、17.5ドル(1,225円)

 

生活費

生活用品(シャンプー等)や携帯料金等や個別で買った物(お土産等)を合わせると合計500ドル(35,000円)でした。

 

 

合計金額

皆さんが気になる合計金額は、7,689ドル(538,230円)

一人当たりの金額は、3,845ドル(269,150円)になります。

ニュージーランドのラウンドに掛かった1人当たりの金額は、約27万円になります。

 

※ここにはお酒代が含まれてないので、僕は478ドル(33,460円)足さないといけません笑

 

小計

車関係2,332ドル(163,240円)

宿泊費2,489ドル(174,230円)

食費1,994ドル(139,580円)

フェリー374ドル(26,180円)

その他500ドル(35,000円)

 

まとめ

ラウンドを出発す前に彼女と2ヵ月の費用を予想しました。

その結果、車関係と食費の金額は思っていた金額でした。

 

しかし、予想以上に掛かった金額は宿泊費でした。

当初の予定は、ゲストハウスの割合を4割ぐらいに設定をしていたのですが気候や気温の問題でゲストハウスを使う頻度が高くなってしまって予想より高くなってしまいました。

 

ビザの関係等で2ヵ月間のニュージーランドラウンドでした。

まだまだ、行きたいところがいっぱいあります。

2ヵ月だけでは全然足りなかったのが印象です。

また、近いうちにニュージーランドに戻ってラウンドの続きをしたいと思います。

(次回のブログは、ラウンドのコースについて書くつもりです)

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
にほんブログ村

ニュージーランド(海外生活・情報)ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© なお@再びタクドラへ , 2020 All Rights Reserved.