東京オリンピック後は、ギリホリで彼女とオーストラリアのワーホリに行く予定です。

タクドラver.2 【22~24乗務目】新生児~95歳の女性

 
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも、なおです。

都内のコロナ感染者が10名前後と比較的に落ち着いてきましたね。

5月中には、緊急事態制限が解除されそうですね。

緊急事態宣言が解除されて、早く日常生活が戻ることを祈ってます。

 

【新生児~95歳の女性】

タクシーに乗るお客様は、国籍・性別・年齢・職種等いろいろな方が乗ってきます。

 

前回の乗務は、95歳の女性がご乗車していただきました。

その方が、すごく印象に残ったので書き残そうと思います。(許可済み)

 

95歳の女性

彼女は、新宿から中井までの約15分のご乗車でした。

その間の会話は、僕にとって印象に残るものでした。

 

この頃のお客様との会話は、【コロナ】についてが大半を占めます。

彼女も【コロナ】について話をしてきました。

 

『95年間生きてきて、戦争の次にコロナが大変です』と

そうなんだ、戦争の次にコロナが大変なのか。

僕はもちろん戦争を経験してないですが、戦争がどれだけ大変だったかはおばちゃん等から話を聞いてます。

そんな戦争の次に、コロナが大変なんだなと思い驚きました。

 

でも、それ以上に驚いたことは、女性が95歳だったということです。

 

だって、タクシーに乗る時も不自由なく乗り、はっきりした声で行き先を伝え、僕の返信にも応えていたたのでてっきり70~80代あたりだと思っていました。

 

それから、僕の興味はコロナより女性の若さについて知りたくなりました。

 

そこで会話から分かった女性の若さについて

 

●今でも週3回小田原から通勤をしている。

➡2時間かけて、電車とタクシーを使って職場にむかっている。

 

●仕事は、経理

➡数字を扱っているので、普段から頭を使っている。

 

●毎日7千歩歩いている。

➡仕事がない時でも、散歩などをしている。

 

●まだ、子供のお世話になっていない。

➡長男(70歳)の手を借りずに自立している。(旦那は、10年前に他界)

 

そして、1番大切にしていることは『人生悔いないように、やりたいことは行動に起こす』とおしゃっていました。

やりたいこと(目標)を行動に起こすということは、頭や体を使うので衰えを抑えるそうです。

そして、やりたいことやるために健康(運動と食事)に気を使っているそうです。

 

 

旦那さんの遺書には、大きな文字で『人生悔いなし』と書かれていたそうです。

 

女性も、遺書には『人生悔いなし』と書き残したそうです。

 

僕の目標も『人生悔いなし』です。

なので、その目標を達成している大先輩に会えたことに感動しました。

 

タクシードライバーをしていなかったら会えなかった出会いだと思っています。

 

新生児

女性(95歳)を降ろしてすぐに、産婦人科病院から無線が入りました。

 

迎車先に到着すると、夫婦と新生児(赤ちゃん)が旦那さんに抱っこされてご乗車されました。

数日前に、この地球に生まれた新たな生命。

 

いつも以上に、安全運転で進行して無事に目的地に到着。

 

95歳の女性を送って、次のお客様が新生児。

 

年の差は95歳です。

 

タクシーの仕事は、本当に色々な方が乗ってくるなと思った乗務でした。

 

 

【日報】

5月13日(水)

【回数】 31回

【売上抜】56.880円

【チップ】 60円

【長距離】

6:30 歌舞伎町➡大和 13.500円

【一言】

この週からタクシーの台数が増えた感じがします。

需要(お客様)と供給(タクシー)のバランスが崩れてました。

でも、抜7万やってるかたもいたので勉強不足ですね。

 

5月15日(金

【回数】 42回

【売上抜】 60.180円

【チップ】 520円

【長距離】 

なし

【一言】

お客様を多く(40組)乗せたが、売り上げがあげられなかったです。

こればっかりは、運なので諦めるしかない。

 

5月17日(日

【回数】 40回

【売上抜】 78,650円

【チップ】 20円

【長距離】

18:30 四ツ谷⇒たまプラーザ 10.000円

【一言】

月曜日の朝を期待していたのが、3時間で9千円と失速。

日曜日は、タクシーの台数が少ないので走りやすいです。

 

チップ合計

合計14.990円/24乗務 (平均625円/乗務)

 

タクシーvol.1(2016~2018年)ブログはこちら

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバーランキング


この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© なお@再びタクドラへ , 2020 All Rights Reserved.